ディスプレイアームを利用してトリプルディスプレ環境を改善した話

| コメント(0)

ディスプレイアームを利用してトリプルディスプレ環境を改善した話

ディスプレイアームを利用してトリプルディスプレ環境を改善してみました。

トリプルディスプレイに関してはMacBook AirはUSB VGA Displayアダプター(JUA210)を利用して対応しようとしたがCPUファンが強烈に廻ってしまい断念(参考:MacBook Airをトリプルディスプレイに)。MacBook Proに変えたことでThunderboltポートが2基あり普通に対応できるようになりました。

まず、これまでのディスプレイ環境は次のような感じ。

これまでのディスプレイ配置

メイン(MacBook Pro)を中心に左右にディスプレイを配置。すごく一般的。
ただ、これだと左右の移動距離が大きく視点やマウスカーソルの移動に手間が掛かるという欠点がありました。

今回はこれを以下のように変更しました。

今回のディスプレイ配置

3枚目を上に配置することで視点移動の最大距離を短くし視点やマウスカーソルの移動距離を短縮。

ただ、僕がもっているDELLの安物ディスプレイ(DELLのinspiron530に付いてきたやつ)には柔軟な位置調整は機能はなく、以前から気になっていた「グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 VESA対応 GH-AMC03」を購入しました。

気になっていた理由は以前に「おすすめの人気モニターアーム で綺麗なデスク周りに | げみんぐ」を読んだ為。読んだ後から3,000円ぐらいなら試してみたいと思っていたので今回実行に移しました。

まだ数時間しか試していませんがかなり快適です。今まで見下ろす姿勢でPCに向かっていたのが上のディスプレイを主ディスプレイにしたことで見上げるに近い姿勢になり首への負担が少なくなっているのがわかります。

まだ、数ヶ月使ってみないとわかりませんがひとまずは大満足です。

スポンサードリンク

「ツール」の関連記事

コメントする