PHPでキャッシュ処理

| コメント(0)

PHPでのキャッシュ処理。

REQUEST_URIと関連付けられたキャッシュがある場合、それをそのまま返してない場合は引数で指定された関数の返り値を、キャッシュしてから返す。

function html_cach($fun){
	$chach_file = CASHPASS.urlencode($_SERVER["REQUEST_URI"]);
	if(file_exists($chach_file)){
		return file_get_contents($chach_file);
	}else{
		$html = $fun();
		$fp = fopen($chach_file,'w');
		flock($fp,2);
		fputs( $fp,$html);
		flock($fp,3);
		fclose($fp);
		return $html;
	}
}

pearとかsmarty使わない時用。

スポンサードリンク

「php」の関連記事

コメントする