MacBook AirにVMware FusionでWindows7をインストール

| コメント(3)

MacBook AirにVMWare FusionでWindows7をインストール

前回MacBookにはWindows XPをBoot Campでインストールしましたが、今回のMacBook AirではWindows7をVMware Fusionを使ってインストールします。

まずはVMware Fusionのインストール。とりあえず無償の評価版をインストール。ちゃんとインストールできてからライセンス買います。

Windows7はDSP版を購入、VMware Fusionは家に眠っているPCからWindowsの仮想デスクトップを取り出すことができるらしい!つまりうちの眠っているノートのWindowsXPをインストールできるみたいだけど、おニューのPCに古い環境をインストールするのも嫌なので新規インストールです。

MacBook Airには物理ドライブがないけど外付けドライブがあるので大丈夫!と思いきや色々と苦戦。

VMware Fusionが外付けドライブを認識してくれず。オフィシャルなバグ対応の情報も試したけど認識せず。

参考:MacBookAir でVMwareFusionを起動すると 「対応するデバイスがホストに存在しない〜」というエラーが出る

とりあえず、ディスクイメージからインストールすることにしました。

1.Windows7のディスクイメージを抽出

外付けドライブにWindows7のDVDを入れて、「アプリケーション」の「ユーティリティ」の「ディスクユーティリティ」を立ち上げ、左メニューからDVDを選択。トップメニューの「新規イメージ」からディスクイメージを作成します。イメージフォーマットをDVD/CDマスターとすることで.dcrのディスクイメージが作成できます。

2.Windows7のインストール

VMware Fusionを立ち上げ「Windows または別のオペレーティングシステムを新しい仮想マシンにインストールします。」を選択。

仮想マシンの作成で「ディスクを使用せず続行」を選択。

インストールメディアは「オペレーティングシステムのインストールディスク イメージ ファイルを使用」から先ほど作成したディスクイメージを選択。「続ける」をクリック。

オペレーティングシステムの選択では、オペレーティングシステムに「Microsoft Windows」を、バージョンでは「Windows 7 x64」を選択。「続ける」をクリック。

Windows簡易インストールが表示されるので、Windowsのバージョンとプロダクトキーを入力。「続ける」をクリック。

統合では、ドキュメント共有の統合レベルが指定できます。「よりシームレス」を選択するとMacのソフトのようにWindowsのソフトが利用できます。

あとはウィザードにそってインストールをメモリはとりあえず1G割り振ります開始。

途中でMcAfee のインストールを勧められます。12ヶ月無料で利用できるらしくとりあえずインストール。Winはメインで利用しない予定なので1年後に無料のアンチウイルスソフトに変更すと思うけど。

インストールはかなり高速、15分くらいかな。その後、Windows UPDATEやらを行って終了。

ちょっと心配していた外付けDVDもVMware Fusionのメニューの仮想マシンから「CD/DVDを接続」を選ぶと難なく認識。とりあえず、Office2010をインストール。問題なくインストールできました。

あとはAdobe CS4をインストールすればとりあえずMacBook Airでほとんどのお仕事ができるようになりそう。

スポンサードリンク

「技術系」の関連記事

コメント(3)

MACにWINDOWSをインストールする際大変参考になりました

ずうずうしく質問なのですが、
vmwareを使用してwindowsをインストールしたあと
windowsのディスクイメージは削除してはいけないのでしょうか?

windowsを起動するたびにディスクイメージが見つかりませんとエラーが出て
普通に起動します

どういうことなのでしょう?

>siraiさん

よく覚えてないですが削除しても問題なかったはずですよ。

mac book airへiMacからのリモートディスクをつかっても、外付けディスクをつかってもwindowsのインストールがうまく行かずこまっていたところ、記事を拝見しました。すぐインストールに成功しました。本当にありがとうございました。

コメントする