ARROWS X LTE(F10-D)の電池を長持ちさせる方法

| コメント(0)

ARROWS X LTE(F10-d)の電池を長持ちさせる方法

メインの携帯をAndroid端末ARROWS X LTE(F10-D)に機種変したらあまりにイケてなかったので色々と設定を変更しました。

何がイケてないかというと

  1. バッテリーの減りが異常に早い
  2. 使っていると高温(60度くらい)になって充電とかインターネットができなくなる
  3. wifiがちょくちょく切れる

といった感じ。電池満タンで家をでて電車で20分位さわっただけで電池が半分以上へっているというイケテなさ。Android端末は仕事の関係で7台近く持っているんだけど今までで最低のクオリティ。

1,2は設定変更である程度、日常使いできるようになります。3はちょっと直らなかったのでアップデート待ち。

やった対応は以下のような感じです。

Home画面のウィジェットを外す

デフォルトでContents Headlineや万歩計等様々なウィジェットがのってますが全部消します。基本ですね。(ウィジェットの削除は長押しして削除です)、シンプルな時計だけ置いておきましょう。

ホームアプリの変更

デフォルトはdocomo Palette UIというホームアプリですがこちらも変更しましょう。

メニューボタン→本体設定→ディスプレイ→ホーム画面切替から変更できます。私の場合はランチャーです。

IMEの変更

デフォルトのIMEはMX!inputという電池馬鹿食いのアプリなので変更しましょう。Google Playから他のIMEをインストールして(Simejiとか)、メニューボタン→システム設定→言語と入力からキーボードと入力方法のデフォルトをMX!inputからインストールしたIMEに変更しましょう。

ECOモードを常時起動

バッテリーが少なくなった場合に起動するECOモードがあるのでこれが常時起動するように変更しましょう。メニューボタン→システム設定→NX!エコから設定できます。

今すぐエコモードをONにして設定を行ないます。通常エコモードか、オリジナルエコモードでカスタマズして利用しましょう。CPU周波数を「電池もちを優先して制限する」にするのが一番重要なポイント、クアッドコアとか飾りです。

いろいろOFF

他にも設定をみながら、GPSをOFFにしたり、使ってないときはWifiをOFFにする、画面の明るさを少し暗くする、壁紙をライブ壁紙から通常の壁紙に変更、画面の自動回転をOFFにする、合わせるズームをOFF、戻ってシェイクをOFFにする、はっきりタッチをOFFにするなどして、いらない機能をどんどんOFFにします。タスクマネージャーでこまめに使ってないアプリは落としましょう。

そうすると普通につかって一日もつようになりました。

スポンサードリンク

「技術系」の関連記事

コメントする