フィラメント

| コメント(0)

フィラメント辻仁成が自身の小説を、監督として映画化した本作品。“切れやすい電球=フィラメント”のタイトルが付けられている。

森村泰昌 演じる女装壁のある父親。
銀粉蝶 演じる失踪中の母親。
大沢たかお 演じるキレやすい性格の息子。
井川遥 演じる心に傷をもった妹。

壊れている家族が、壊れた形でひとつになっていく様子が描かれている。

キャラクターの個性のみが強調されて、通常の感情が描写されていない感じは見ていて不愉快。

ただ、その不愉快さを楽しむための作品です。

スポンサードリンク

「邦画」の関連記事

コメントする