2006年6月アーカイブ

$smarty -> cashing=1;

ファイル名の取得

| コメント(2)

ドメインに対する絶対パスの取得
$_SERVER['SCRIPT_NAME']

現在のファイル名を取得
basename($_SERVER['SCRIPT_NAME'])

現在のファイル名(拡張子を除く)を取得
basename($_SERVER['SCRIPT_NAME'],".php")

※.htaccessなどによりアクセスするファイルと実行するファイル名が異なる場合は実行するファイル名が取得されます

Ecripse

| コメント(0)

Eclipseで改行の際に自動挿入される"."をOFFにする方法
『ctrl』+『shift』+『insert』

Eclipseで置き換えする際のショートカット
『ctrl』+『F』

参照渡し

| コメント(0)

$hoge =& $hoge2

で参照渡しができます
関数なんかだとこんな感じ

function func (&$hoge) {
$hoge = $hoge;
}
func($hoge2);

デバッグモード

| コメント(0)

$smarty->debugging=TRUE;
$smarty->display('hoge.tpl');
でデバッグモードが起動します

マルチバイトの文字を丸める

| コメント(0)

mb_substr ( string str, int start [, int length [, string encoding]] )

で日本語の特定の位置の内容を取得できる

mb_strimwidth ( string str, int start, int width [, string trimmarker [, string encoding]] )

で指定した長さで丸める(zzzzzzzzzzz..みたいな感じ)事ができる

smartyで外部ファイルを読み込む。

| コメント(0)

{fetch file="http://phprefa.seesaa.net/xx.html"}

リファレンス

文字コードの指定

| コメント(0)

script要素のcharset属性でsrc属性で参照しているページの文字コードを指定できます。

スポンサードリンク

このアーカイブについて

このページには、2006年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年5月です。

次のアーカイブは2006年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。